ふりむくわけにはいかないぜ

全体的にマルヤスびいき

この歌割で歌う彼らは強い

いっこまえの関ジャム(ダンス特集)

 

セッションはNOROSHI。 

ダンスパフォーマンスユニットのs**t kingzさんとコラボ!!ダンスがめちゃくちゃカッコイイ!!

つーかNOROSHIのイントロって激シブっすよね(今更)

 

 

そして今更気づきました、気づいてないもんだ。NOROSHIの歌割。(ハモリは抜かします)

 

Aメロは亮ちゃんソロ

迷わず選べ同調

”右向け右”でOK

口癖のように”Yes" 争いなら”Oh NO"

世渡り上手いね、メンズ? 

Bメロ前半は大倉ソロ 

視線 狙う孤独

問いかけるサイレンス 「あなたはどっちに付くの?」

 Bメロ後半はヨコヒナユニゾン

他人を叩く他人

隙あらばマウンティング  「それで あなたはどこにいるの?」

 

1番のサビ前までの歌割はこう。

出だしの亮ちゃんと次の大倉がソロだったので、「お!歌割変えたんだ!出だしソロにしたんだ~カッコイイ!なんか新鮮なNOROSHIだな~」と能天気に聴いていたのだが、7人の時のNOROSHIを聴いてびっくりした。

この歌割は、7人の時とほぼ変わっていないのだ。

 

7人の時は、上の歌割にすばるが全部プラスされているだけ。

Aメロは亮ちゃんすばる、すばるソロ

Bメロ前半は大倉すばる

Bメロ後半はヨコヒナすばる

だったんだー。

 

すばるの声がなくなっただけで(亮ちゃんがすばソロをカバーしつつ)他のみんなは何も変わってない。

すばるがいなくなったことがダイレクトにわかる歌割。何より、本人たちが一番強く思うだろう。すごく淋しい。

でも、この歌割で歌う彼らは強い。

「彼はいなくなってしまったけど、俺らは変わらんよ、そして彼の歌っていた部分も大事に歌っていくよ」

というメッセージのようにも私は思ったー。

そして、すばるはサビ前までずーっと誰かと歌っていたんだ、ということにも今気づく。サビで叫ぶように歌うあの声は、もう聴けない。

 

実際、Aメロをひとりで歌う亮ちゃんとBメロ前半をひとりで歌う大倉は

すばるという大きな武器が無くなって、ひとりで戦ってるみたいだった。

でも、その切なさや淋しさを内包したカッコ良さで溢れていて、釘付けだった。(ヨコヒナはユニゾンだったからな…ごめん)

 

こんな一曲の中のほんの一節にさえこんなに感じるなんてビビる。

7人で歌ってきた曲を6人で歌う曲に作り替えるのは、きっと6人だけの深い深い作業だ。

 

で、初めての6人での曲「ここに」。この前Mステスペシャルで歌っているのを見て

私はひとつだけ思った。

すばる観てるかな…!!!

 一列になって歌う6人を、カメラが順番に追って行って、みんながそれぞれカメラに向かって歌う。私は、その向こうにすばるがいることを願った。

どこかで、観てたかなあー。