ふりむくわけにはいかないぜ

全体的にマルヤスびいき

ナイナイアイラブユー

最近のマイブーム曲、ナイナイアイラブユー。

アルバム「元気が出るCD!!」の収録曲ですね。

この曲、主旋律が代わる代わるずっとソロだから、その分コーラスが厚い!ハーモニーになっててそれを堪能するの楽しい!!

 

 

なんてったって大倉の見せ場パートで始まるのが嬉しい!!

 

見慣れた景色 いつもの帰り道〜🎵

 

けーしーきーの「き」の声が毎回大好き。

高い声可愛いよ、あったかいよ。で、Aメロも大倉で始まっちゃうよ。推すね。

 

大倉って、声が低いから主旋律じゃなくて下ハモリに回ることが多い。他の誰かが数人で主旋律歌ってる時も、よく聴いてみると大倉が1オクターブ下を歌っていたり。

バンド曲でも彼はドラムだから、ソロパートが無い曲もあるし、あっても大サビ前の短いメロ(まぁここも大好きだけど)だったりなので、最初っから大倉の見せ場がドカンとある曲はとても嬉しい。

でももともと、喋る声はやわらかいよね。声は低いけど言う事はときに辛辣だけど、喋り方がやわらかい。

 

 

大倉さんはよく「俯瞰で物事を見れる人」だと表現されている。なんだそれカッコイイな…とよく思うのだけど、俯瞰で物事を見れるってどういう事なんだろ。少し引いた所から自分たちを見れるって事か。

元気が出るCDの北海道旅で、海鮮丼をみんなで食べてる時に「こんなに普通に食べてていいのかな!?」みたいにハッと気づいたり、エイタメコメンタリーで食事風景が延々続いた時「このコメンタリー何が面白いん??」って言ってたりw

良い意味でぷつっと切れる、自分たちの仕事を冷静に見れる力をちゃんと持っている人なんだろうな。それって柔軟。

 

人と全然違う目線だなあと思わせてくれるところも好き。

JUKE BOXの24時間罰ゲームでヨコすば倉ヤスの4人が罰ゲームへの抱負を書く時も、皆「真の男になる」「オノレを知る」とか書いてんのに、一人だけ「仲を深める」って書いてて、その発想なかったスゴイ!好き!ってなる。

 

あとは、やっぱり現実的な人なんだろうな。すばるの脱退会見のコメントで特に思ったけど、きっと多くのみなさんも思ったと思うけど、「背中を押す」っていう綺麗な結論だけじゃなくて、「海外に行く意味は?」「俺らの人生も変えてまで抜けるのか?」と、引き留めた言葉を具体的に伝えてくれた。すばるはやりたい事があって前向きに辞めるのだけど、抜けられる側の俺らだってこれから6人で続けていく現実があるんだから。疑問は全部ぶつけて、出来るだけ納得したかったんだろう。彼のコメントでだけ、きれいごと抜きで6人はほんとうに引き留めてくれてたんだって実感できた。

んで、この会見のコメント以外でも、彼の言葉には何か共感できる。現実的で共感性が高くてグダグダずっと喋れて、性別で一括りにするのはアレだれど芯の部分で女性的なとこがあるのかもな。

 

 

これは私の推測なんだけど、俯瞰でみれるというか他の人と目線が違うと感じるのは、一番年下で同い年がいないってのはなんとなくデカいのかなと思う。昔はさらに下に内くんがいたけどね。

まぁ同期って事でいうとヤスや亮ちゃんもいるけど、何だろうな。「同い年」の間だけに無意識に通じる感覚、それを無意識に分かち合う相手がいない(マルちゃんもだけど)。

とか言うと淋しく感じるけど、グループはいくら仲良くても仕事だしそれぞれの武器を持ち寄って一緒に戦う仲間だから、別の感覚や目線を持っているってのはそれこそ大きな武器だな。

そして、一番年下だけが持つ「余裕」ってのもある気がする。もちろん大倉は一番年下だから、下から追いかけていく立場で苦労とか悔しさや嫉妬とか沢山あったかと思うけど(今はわからんけど)。でも同時に、末っ子だからこその存在感、わがまま言ったり甘えられるって事ではなくて、自分より下がいない強みっつーのかな…、なんかある気がする。

 

とかなんとか言いましたが、物事の本質を捉える力は年齢関係ないからねえ。

彼の冷静で鋭い目線は、一番年下じゃなくてもきっと発揮していたよね(結論)

 

 

 

 ナイナイアイラブユーから大きく逸れました。

大倉にしかない武器、低音パートがあります。パッパドゥビドゥ~!

とはいえ、私は1番のヨコのサビが好き。歌唱力はまぁ置いといて、ヨコの可愛くて明るい声がこの曲にぴったりなのだ。

んで、ヨコサビからすばサビにまたがる間の、合いの手的な"so beautiful day〜🎵"の大倉のド低音が超好きで!!これは大倉にしか出せないなぁ!カッコイイーー!!

 

 

 大倉パートの次に推せるのが、間奏を挟んでからの丸ちゃんパートです。

 

夜風が優しく感じるこんな日

ふたりの「これから」君と話したい

 

いやもう丸ちゃんの声がもはや、優しい夜風のようだって。毎回感じるよ。

私はこの曲聴くとハワイの浜辺が頭に浮かぶんだけど、脳内は丸ちゃんと浜辺デートよ。夜だしムードも満点で、ふたりのこれからを丸ちゃんと話すのよ。

 

さいごのサビのおリョンさんは、ちょっとのびやかな歌い方苦手かなぁっつう印象ですね。もうちょい喉開けぇやって感じ。まぁそこが好きなんですけどね(甘) 

 

 

君のいない人生など、ありえないないないないない、って思ってたんだけどな、すばるさん。いやなんでもないよ。