読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふりむくわけにはいかないぜ

全体的に山田びいき

好きじゃ足りなくて もっと困らせたくて

最近の、脳内から離れないシリーズ。

 

好きじゃ足りなくて もっと困らせたくてわざと長めのキスをした………

 

わざと長めのキスをした…?!

何その好きに代わる表現?!何その超主導権?!こんな穏やかでゆったりした曲調の中に、こんなたまらんシチュエーション入ってるなんて。「わざと」ってのがいいね。大人の余裕漂う中ちょっと強引な感じの意地悪感…素敵…。

まぁもちろんすばるがやる側ですよね!!曲中では軽やかに歌ってるけど、この場面、ただ耳で聞くよりシチュエーションを想像するとだいぶエロい。でもすばるならハマるわー。いや他のみんなでもハマるわ…。こんな事されてみたいね!!

 

 

何と言ってもこの曲はすばるワールドなんだけど、もちろんそれだけじゃないんですね!

改めて聞き直してみると、1番、2番ともABメロが素敵なんだなぁ〜。

1番Aメロは亮ちゃん。この曲ってド頭の入り「切ない嘘〜」が高音で、まぁ説明不要に亮ちゃんの高音が好きなわけですが。喉苦しそうに聞こえるのになんでだろういつでも好きなんだよな。

Bメロは大倉。私、大倉って「こんな声だったっけ?」って結構思うのです。低音パート多いからかな?私がわかってないだけかも?でもそれって、どんな曲にも溶け込んでるからかなと思う。前も書いたけど大倉と丸ちゃんの声って誰かとのユニゾンの時でも、主張しないでちゃんと混ざり合ってるような気がする。それはグループにとってとても重要な役割だと思う。

ここのパートの大倉の声、伸びやかでとっても良いすね。

 

2番Aメロはヤス。や、ヤス…!!この亮ちゃんとヤスのAメロは音程の高低が難しいパートだと思うんだけど、最初の「泣けるくらい」と「違う手に」の高音をどうしてこんなに軽やかに出せるんだ?やっぱ声高いな。ファルセットにもならずこんなに優しく出せるの凄い。ヤスって男性的なとこと女性的なとこの幅がすごいのにバランスも良いんだろうな。あと、「違う手に」に入る前の息を吸う音が好き。

 

Bメロはヒナちゃんと丸ちゃん。あぁもう好きバラードヒナちゃん。この2人パート少なくてちょい残念なんだけど、ヒナちゃんの「あの日のステップ」の「日」の広がる高音が、一音だけなのにスッゴくカッコ良くって…。いつも心ギューン!!掴まれてます。

丸ちゃんは、ああもう声が好き(雑 この2人にはちょっと高いかなっつう感じがまたいいBメロ。

 

ま、ヨコパートがないんだけどね…1番Bメロに入れたれよって思わなくもないけどまぁトランペットだしむしろ主役だし。

本当にこの曲ってトランペット以外考えられないかもな。サックスでも違うし弦も。トランペットのあの華がありつつも心寂しいような音色しかはまらん!!

 

んでこの、サビを全てソロで任されるという全幅の信頼を寄せられるすばさん。この人、なんでこんなに歌声で心情を表現できんだろ?この人の口中とか喉奥とかどうなってるんだ。もしすばるに生まれ変わるようなことがあったらこの歌を歌いたい。