ふりむくわけにはいかないぜ

全体的に山田びいき

PUZZLE【CD】感想・1

①1秒KISS

この曲さぁ、なにが一番ドキっとくるかって、今までサビは全員だったのに、

大サビ(前?)でいきなりソロサビになるヤス・丸ちゃん(特にヤス)!!!

今まで全員でワイワイやってたのに、急にヤスと二人きりになってしかも接近してきた⁉︎ちょ、近いよ!なんかヤスいつもと雰囲気違うよ!みたいなドキドキ…!

いやーやっぱ、ヤスと丸ちゃんが大事だってよくわかってんな歌割する人は。グループの中で一見認知度低めな(今は違うけど)この2人を大事なとこに持ってくる采配。

2番Aメロ亮ちゃんの”ハヤリのラブ・コメディさ”が、”ハヤリのラブ・コメでいいさ”かと思ってた。なんだよデートやっつけかよリョン。とか思ってた。

 

 ②アカイシンキロウ

丸ちゃんフェイク!!あれっこの曲の歌詞改めて見ると結構イッタイな。

彼女サヨナラ言おうとしてるのに君じゃなきゃもう愛せないなんて。

嫌なとこがあるなら教えてよ、とにかく理由が聞きたくてつい大声になるなんて。

失うならいっそこのまま抱きしめて壊したいなんて。

総括してイタイんじゃ?

エイトの皆さんがこんなに未練タラタラとか縋ってるのとかヤバい思考とかして恋愛してるのかと思うとそれだけで感無量です。(違)

 

③パズル

これは斉藤和義さん作詞作曲ですね。歌詞に堀江公園とか淀川とか、太陽の塔とか、関西の場所名が出てくる。まぁ今までいくつか大阪の曲はありますが、初めて喧嘩したのもここだったとか、待ち合わせはいつもそこだとか、フィクションではあろうともその場所に日常感あるのが、あぁ私は入れねぇなっていう(not関西)痛々しい勝手な疎外感。

最初は地味で暗い曲だなと思っていたけどやっぱり好きだな。なんか全体的に灰色な感じの曲。

一番最後のリョンソロ(眠れない~)の前の、弦とコーラスがどんどんキュルルルルルル…!ってクレッシェンドしていくところ、頭や耳壊されそうで最初は「う…うわぁぁぁぁ(錯乱)!」ってなってたけど、今となってはその呼吸を乱されそうな不協和音ギリギリなのが癖になるような…。

なんか霧の深い森に迷い込んで「みんな…みんなどこ!?」ってテンパってるところに突如リョンソロが始まって「りょ、りょおちゃん…いた…涙」みたいな。

亮ソロが始まってようやく息が吐ける。

 

④渇いた花

もうこれはすばさん独壇場。こういう表現力試されるような曲好きそうだよね。

しょっぱなツリーチャイムが美しい。ツリーチャイムって、棒?で鳴らしていく時も美しいけど鳴らし終わって揺れている音も繊細で美しいよね。大好きな楽器。

後ろのコーラス隊も美しすぎる…けど…お前らこんなに上手くないだろ。(毒)

Aメロの、言葉数の少ない雰囲気が良い。2番Aメロの丸ちゃんのあと、Bメロ入る前にトランペットの間奏入るのも好き。1番と違って雰囲気変わる。そのあとのリョンに繋がる感じも切なくてグーです。ここも伴奏少なくて憎いよな。亮ちゃんってそういうおいしいところ多くておいしい人ですよね。なんなんだろ。持って生まれたスター性か。

私、歌やるんだったらハモる人になりたい。上でも下でもいける。